地域のケアマネジャーやヘルパーさん、医療機関のスタッフから「対応困難」のレッテルを貼られている山口さん(80歳代男性、仮名)。前回の連載では、地域包括ケア病棟に入院している山口さんの退院先を巡るカンファレンスの模様を紹介しました。北岡看護師長(仮名)の「神対応」によって、山口さんは介護施設への入所をしぶしぶ承諾したのですが、その後どうなったのでしょう。今回はその続きです。

「対応困難」な入院患者、外出を機に態度一変の画像

ログインして全文を読む