はじめまして。私は東京郊外で夫と猫2匹と暮らしていて、訪問看護を始めて3年目になります。看護短期大学を卒業して、臨床経験を10年ほど積んだあと、産業看護分野に携わってきました。40代になって勤続10年を超え、「このまま定年まで勤める!」と人生設計もしていたのですが、45歳で大きく進路変更し訪問看護師になりました。

 転職には、父を在宅で看取ったことが影響しています。父は、71歳で大腸がんと診断されました。肝臓に多発転移があったため根治手術はできず、治療は外来での化学療法が中心でしたが、効果があったのは半年ほどでした。体力もガクンと落ち、主治医から「体調が回復するまで治療は休みましょう。通院は大変だから家に訪問に来てもらいましょう」と説明され、訪問診療と訪問看護を始めることになりました。

どうして今さら訪問看護!?の画像

ログインして全文を読む