Aナーシング読者の皆さん、こんにちは。国立国際医療研究センター国際診療部の二見(ふたみ)です。この連載は、「外国人が増えてるって言っても、東京とか京都とか沖縄とかのメジャーな観光都市の話でしょ」とどこか他人事に感じている、あなたのために書いています。あなたの病院にも外国人患者は突然やってきます。そしてそんな時に、まず接するのは看護師であるあなたかもしれません。今回は、「外国人患者とのコミュニケーション」についてお話ししたいと思います。

患者が無断外出でインシデントリポートに(泣)の画像

ログインして全文を読む