Aナーシング読者のみなさま、はじめまして。今回から「グローバル看護七転び八起き」を連載します、国立国際医療研究センター特任研究員の二見茜と申します。旅行や留学、国際結婚、仕事などの理由で、日本に滞在する外国人数は年々増加しています。日本に来る外国人が増えれば、病気になる人も増えるので、つまり外国人患者も増えます。「でも、東京や大阪などの都市部のことでしょ。地方都市に住んでいる私には関係ないわ」なんて思っていませんか?確かに、外国人住民の実数が最も多いのは東京都です。しかし、2016年の全国の外国人人口増加率は、8.17%増と高い伸び率を示していて、最も高かったのは、あの県でした。

外国人住民が最も増えているのは意外な◯◯県の画像

ログインして全文を読む