敗血症患者を救命するために必要なのはできるだけ早期の適切な治療であり、つまりはできるだけ早くその患者が敗血症であることを認識することです。それだけ敗血症という疾患は時間を争います。そして、敗血症を早期に認識するために、医師だけでなく看護師でもできるベッドサイドでの簡単な診断方法があります。今回から3回に分けて、敗血症を見逃さないための病態知識、新しい定義と診断基準、初期対応、ガイドラインなどについて概説していきます。

CRPで敗血症を判断していませんか?の画像

ログインして全文を読む