2010年、妊娠糖尿病の診断基準が25年ぶりに改訂となった。この改訂により全妊婦に75gOGTTを施行した場合、これまでの診断基準と比較し妊娠糖尿病と診断される頻度は約4.1倍に増加する。

妊娠糖尿病患者のケアの画像

ログインして全文を読む