7年前に難病を発症し、3年前に低酸素血症になったのを機に気管切開し、現在は寝たきりで自宅療養を続けている女性の利用者様(Aさん)です。開眼することはあるものの、言葉を発することはできず、刺激に対する反応は徐々に乏しくなっています。

介護する家族の想いに寄り添うケアとはの画像

ログインして全文を読む