復讐。小説の中ではたやすく行うことができる行為であろうとも実際に行うとすればかなり難しい。無論、殺人など大それた復讐をしようとは思わない。完全犯罪など、愚かな人間が犯す行為に神が味方するわけもなく、警察にパクられるのがオチである。拉致して殴り倒す“太陽にほえろ”如き障害事件であっても、新聞沙汰となり社会的地位が抹殺されるのは目に見えている。

【小説】復讐するは皮膚にありの画像

ログインして全文を読む