熊本県を中心として、甚大な被害をもたらす地震が発生してしまった。被災された方々を思うといたたまれない。今なお余震が頻発しており、眠れぬ日々は続いているのであろう。1日も早く終息して、被災者の皆様の健やかな生活が戻ってくることを心より祈るばかりであるが、さりとて被災地支援は思いつきでやるべきものではなく、やはり行政のリーダーシップの下、官民一体となって行うべきであろう。

皮膚科的被災地支援の画像

ログインして全文を読む