原稿催促のメールを送信してため息をついた。催促をオブラートのように隠す文章も上手くなったと先輩に褒められたが、ちっとも嬉しくない。川谷英里は迷っていた。髪をもう少し明るい色に染めたい――。別段深い理由もないのだが、強いて挙げれば来週の同窓会のためだろうか。学生時代から自他ともに認める真面目な学生であった自分を少しだけ変えてみたかったのかもしれない。

【小説】皮膚科医は見た!毛染め報道の嘘と実の画像

ログインして全文を読む