皮膚科外来にはドライスキン患者が増加してきた。温暖化が叫ばれる昨今も、確実に四季は巡るものである。秋口からその気候の変化によりドライスキンを自覚する患者が多くなり、保湿薬目的の外用薬の処方が増える。外用薬には古典的な軟膏とクリーム、ローションがある。当然、保湿目的に用いられる外用薬にも各種剤型が存在する。

誰のための保湿薬?の画像

ログインして全文を読む