日米における過敏性腸症候群(IBS)の診療を比較した結果、日本のIBS患者の方がより積極的な薬物療法を施行されており、治療満足度が高いことが明らかとなった。

ログインして全文を読む