糖尿病の管理目的は、種々の合併症の予防、進展阻止にある。そのための管理目標値はEBM に基づき示されているが、いかにしてその管理目標値に達するかをEBM は示してくれない。糖尿病もインスリン分泌不全からインスリン抵抗性の強い場合まで様々ある。経口血糖降下薬やインスリンの種類も増え選択肢が広ろがっている。その特徴を踏まえ、それらをどのように使っていくかを考える。

ログインして全文を読む