忙しい家庭医の外来において、「患者中心の医療」を実践する上での、身体診察法を紹介。外来診察の場でよく遭遇する症例について、事前確率、尤度比、事後確率を考慮しながら、身体診察を組み立てる方法を具体的にレクチャー。さらに、身体診察を患者とのコミュニケーションの一部として役立てるノウハウにも触れる。

ログインして全文を読む