忙しい家庭医の外来において、「患者中心の医療」を実践するための臨床推論法を紹介。疾患(disease)の理解にはエビデンスの考慮、病気(illness)の経験の理解にはナラティブの視点が重要。これらを意識しながら、家族や地域のコンテクストの中で問題をどのように分析し、患者と家庭医が共通の理解基盤を見出していくかについて、具体的なケースで考える。

ログインして全文を読む