入院半年程前ころまでは1日6km歩くほどADL自立していた。その後、全身倦怠感を認めるようになり、次第に経口摂取の減少・体重減少を認めるようになった。また、2,3カ月前ころより糖尿病にてかかりつけの近医定期受診の際に、軽度の炎症反応の上昇を指摘されるようになった。症状は増悪傾向で、自宅で臥床がちになったため、全身状態不良および炎症反応上昇の精査目的に入院となった。

ログインして全文を読む