3カ月前から頭部に皮疹が出現し、近医でステロイドと抗真菌薬の外用で加療されたが改善しなかった。頭頂部から右側頭部に疼痛を伴う脱毛斑を認め、発熱を伴っていた(写真1)。表面に一部滲出性痂皮、膿疱も認められた。病変部の毛髪はまばらで、辺縁に残った毛髪も容易に抜毛できた。生活歴では、近所の老犬をかわいがっていた。

5歳男児。頭部の脱毛性病変の画像

ログインして全文を読む