児は、在胎39週5日、体重2870g、アプガースコア8点(1分後)/9点(5分後)、経腟分娩で出生した。生後8時間から経口哺乳が開始でき、出生後の経過は順調だった。日齢2に38.5℃の発熱を認め、その後体幹を中心に突発性発疹様の径2〜3mm程度の丘疹状紅斑が出現(写真1)。感染症の鑑別目的で新生児集中治療室に搬送された。

日齢2男児。発熱、発疹の画像

ログインして全文を読む