既往歴は特になし。X年9月2日上腹部不快感、12日同症状の悪化があり、近医にて心房細動を指摘された。13日自宅で倒れているのを発見され、同日18時に来院した。【現症】JCS(Japan Coma Scale)1、右共同偏視、左片麻痺、左Chaddock反射陽性。【検査】ECG:心房細動、頻脈、脳MRIの結果は写真のとおり。

74歳女性。入院中の著明な血小板減少の画像

ログインして全文を読む