てんかん、脳性麻痺、発達遅滞を合併し、抗痙攣薬の内服、経管栄養で治療していた3歳女児。咳嗽と40℃の発熱を認め、A型インフルエンザと診断された。抗ウイルス薬の内服が開始されたが、第3病日に41.1℃の発熱と頻回の嘔吐を来し、入院した。

3歳女児。インフルエンザ治療中に褐色尿の画像

ログインして全文を読む