若年時から気管支喘息で吸入ステロイドを使用しており、コントロールは良好である。10年前にアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)を合併して短期間経口ステロイドを服用するも中止。1年前から咳嗽や喀痰が増加し、前医で肺非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の診断を受けたが未治療だった。

70歳代女性。咳嗽、喀痰の画像

ログインして全文を読む