3日前から嚥下時痛があり、その後発熱し、前頸部が腫脹してきたために他院から紹介入院となった。頸部の外傷の既往はない。受診時の体温は38.0℃、心拍数94回/分。左前頸部に発赤を伴った腫脹があり、同部位に腫大した3cm×3cmの結節が触知され、著明な圧痛を認めた。眼球突出はない。

9歳男児。発熱、嚥下時痛、前頸部の有痛性腫脹の画像

ログインして全文を読む