キウイを食べた2〜3分後に、口腔内の掻痒が出現し、次第に喉の奥が詰まる感じがして、唾液が飲み込みづらくなった(写真1)。耳鼻科を受診し、喉頭内視鏡にて喉頭披裂部の発赤と腫脹を指摘されたが、1時間ほどで症状は自然消退した(写真2)。その後、数カ月の間に、モモやサクランボ、ビワ、豆乳、もやしを食べたときにも同様の症状が現れた。モモやサクランボは生のまま摂取すると症状が現れるが、ジャムを摂取したときには誘発されなかった。

42歳、女性。口腔内の痒みとイガイガ感。の画像

ログインして全文を読む