生来健康な50歳女性。歯科治療の2週間後に38℃台の発熱と左側胸部痛が出現。近医で肺炎と診断され、セフトリアキソンの投与を受けたが改善しないため、当院を紹介受診し、入院となった。

50歳、女性。発熱、胸痛。の画像

ログインして全文を読む