前日の午前中に38.5℃の発熱があり不機嫌で、昼に哺乳後吐乳があり、その後、数回嘔吐し下痢も認めた。夜間に嘔吐はなかったが、下痢は水様性で便の色調は白っぽくなり、十数回の下痢を認めた。来院4日前の体重は7560gであったが、受診時の体重は6905g。皮膚は乾燥し、ツルゴールの低下を認めたが、皮膚と眼球結膜に黄染はなかった。口唇や口腔粘膜は乾燥し、眼球陥凹、大泉門の軽度陥没も認め、腹部は陥凹し、腸雑音は軽度亢進していた。→→→医師会員限定コンテンツです。

ログインして全文を読む