11月初旬、来院14日前から11日前まで家族でタイに観光旅行に行っていた。温泉施設には入っていない。6日前より発熱(37 ℃台前半)、倦怠感、頭痛、咳出現、4日前には40℃となり、近医受診。喀痰はなく、咽頭炎としてセフジトレンピボキシルを処方された。しかし症状は改善せず、当院を受診した。胸部X線写真の所見より、入院を勧められた。→ 医師会員限定コンテンツです。

ログインして全文を読む