来院2ヶ月前に腰痛のため近医整形外科を受診した。ぎっくり腰と診断され、鎮痛薬と外用薬を処方され、リハビリを開始したが、リハビリ開始2週間後から背部痛も出現した。リハビリで転倒のエピソードはない。来院3週間前より背部痛のため夜間入眠できなくなり、食事摂取も困難となり1ヵ月半で2〜3kgの体重減少も認めた。また、立位をとると左股関節部が痛むため歩行も困難になった。精査希望で6月27日当院内科外来を受診した。

2ヶ月の経過で腰背部痛の進行を認める71歳女性の画像

ログインして全文を読む