来院2ヶ月前から、食欲不振、動悸を来たすようになった。このため、近くの消化器内科を受診し、上部消化管内視鏡検査、大腸内視鏡検査を施行されたが問題を認めなかった。食欲不振に対して、スルピリド150mg/日を処方され、食事摂取量はやや改善傾向にあったが、動悸、漠然とした不安感は改善せず、うつ病が疑われ、当科を紹介された。抑うつ状態に対して、当科で抗うつ薬ミアンセリン10mg/日を投与開始したしたところ、傾眠傾向が強く出て、翌日の朝になっても十分に覚醒しないことが続き、服薬は7日間で中止し、当科を再診した。

ログインして全文を読む