X年11月に妊娠、37週頃より口渇、多尿、発汗減少を自覚していた。しかし、下腿の浮腫を自覚していたため、飲水を自己制限していた。38週の検診で最高時より2kgの体重減少と羊水過少を指摘された。そのため、誘発分娩目的に緊急入院となった。

羊水過少・新生児脱水を契機に判明した多尿の産褥婦の画像

ログインして全文を読む