有料老人ホーム入所中のADLfullの86歳男性。両側総腸骨動脈瘤(人工血管置換術)、右内腸骨動脈瘤破裂(人工血管置換術)にて当院心臓血管外科と老人ホームの嘱託医にかかりつけであった。入院6カ月前より咳が出始めた。同時期より倦怠感、食欲低下、体力低下も認めた。

微熱、食欲低下、全身倦怠感を主訴に来院した腸骨動脈人工血管置換術後の86歳男性の画像

ログインして全文を読む