8年前に胃癌に対し開腹幽門側胃切除術を行った。以後消化器内科外来にてフォローされていた。2年前より倦怠感をしばしば自覚するようになった。その頃より、便秘を伴う腹痛を断続的に認め、大建中湯などにより軽快していた。7カ月前にはサブ・イレウスの診断にて入院。保存的に加療されている。今回も腹痛、嘔吐、便秘(最終排便は入院日に1回軟便)ありサブ・イレウスの診断にて消化器内科入院となった。

ログインして全文を読む