高血圧症、2型糖尿病にて近医で通院加療中、両側変形性膝関節症に対して、月2回関節注射を受けていた。入院前日夕より軽度の左殿部痛を自覚していた。入院当日朝、起床しようとしたところ、左殿部痛のため、伝い歩きとなった。その後、横になって休んでいたが、昼には痛みのため、起き上がれなくなった。夕方からは、悪寒を伴う発熱があり、当院救急外来を受診した。

ログインして全文を読む