もともと健康な17歳男性。X−3日の夜より腰痛が出現。自宅にて様子をみていたが、夜も眠れずに痛みは徐々に腹部に移動した。X−2日になっても症状は改善なく、朝より嘔気強く、嘔吐を繰り返していたため夕方に近医を受診した。脱水症の診断で同日およびX−1日に補液、血液検査を受け帰宅したが症状は改善しなかった。X日に届いた血液検査の結果で血清Cr 8.01mg/dLと著明な高値であったため、急性腎不全疑いで当院紹介受診となった。

嘔気、食思不振、両側腹部痛を主訴に来院した17歳男性の画像

ログインして全文を読む