これまで特に既往のないADL自立した80歳女性。元来長男と2人暮らしで、自分の身の周りのことは自立して出来ていた。受診2週間前頃から労作時呼吸困難が出現し、その後も症状が持続した。階段昇降や炊事、掃除が次第に出来なくなった。そのため、食事に関して出前を頼んだり、長女に用意してもらうようになった。入院1週間前よりトイレに行くこと以外ベッドで臥床傾向となり、食欲が普段の半分程度に低下した。安静時の症状は無いが、その後も労作時呼吸困難が持続すること、また徐々に増悪傾向であることを長女が心配し、入院2日前に当科外来を受診した。

労作時呼吸困難感を主訴に来院した80歳女性の画像

ログインして全文を読む