来院1年ほど前から両手指、両側下腿部の脱力自覚あり。生活には不自由は認めないため放置していた。徐々に両手指の脱力増悪あり、来院2〜3カ月前から着衣の際にボタンのかけづらさ、チャックの開閉動作困難が出現してきたため某院脳外科受診。頭部MRIにて左内頸動脈閉塞を認めるものの、明らかな急性期脳梗塞巣は認めず、高血圧合併しているとのことで高血圧フォロー依頼にて当院紹介となった。

ログインして全文を読む