(本人がしんどいため、しっかりした病歴が取れず)発作性心房細動、慢性心不全にて近医Followされている85歳男性。ADLに関しては少し悪い方(後述)。入院2週間前から緩徐発症の全身の痛みを自覚していた。2〜3日前からさらに増悪しており、トイレに行くのも大変だったとのこと。入院3日前から37度台の微熱があったため近医A(内科)で内服薬処方されて経過観察されていた。頭痛も出現したため当院救急搬送となった。なお頭痛の詳細も明確には聴けなかったが、どちらかというと頸部のあたりの痛みで、Sudden onsetではない。人生最悪の痛みというほどではない。

全身の痛みを主訴に来院した85歳男性の画像

ログインして全文を読む