※本人が呼吸困難感が強いこと+Baseの精神疾患のため、初診時は多くのことが聴ける状態ではありませんでした。もともと精神疾患にて施設入所中の方。週3回は作業所のようなところで勤務ができる状態。当院受診の約3日前から38℃台の発熱あり。同日に近医受診し、レボフロキサシンを含む投薬を受けた。翌日・翌々日も同院を受診し、何らかの点滴を受けていた。受診当日朝に38度台の発熱に呼吸困難感を伴ったため、当院救急外来を受診した。咳嗽はあったとのこと(施設の方より)。

急性発症の発熱・呼吸困難感を主訴に来院した54歳男性の画像

ログインして全文を読む