14年前にlupus nephritis(II型)として発症したSLEに対してPSL9mg(隔日)の内服加療を行っていた。来院1週間前より39度台の発熱、悪寒、咽頭痛を自覚し、4日前に救急外来を受診。感冒の診断にてNSAIDsを処方され帰宅となった。しかし、その後も39度台の発熱が持続し、咽頭痛、全身倦怠感が増悪したため、当院受診となった。

発熱・咽頭痛を主訴に来院した39歳女性の画像

ログインして全文を読む