7年前より左右大腿骨頚部、左右前腕骨、肋骨などの骨折を繰り返しており、近医整形外科で重症骨粗鬆症として骨粗鬆症治療薬のビスホスホネート製剤と選択的エストロゲン受容体調節薬(SERM)を処方されていた。

病的骨折、全身の疼痛を主訴に受診した76歳女性の画像

ログインして全文を読む