生来健康な33歳男性が5日間の発熱・筋肉痛で受診した。入院5日前に昼間背中全体が痛いことに気づき、震えが止まらなくなった。その日の夕方から熱が出てきて38度台まで上昇した。夜には顔(前額部中心)が痛くなってきて、節々も痛いことに気づいた。近医受診してシプロキサン600mgを処方されたが、状態は変わらなかった。入院4日前朝起きて立ちあがったところ、両下腿に筋肉痛のような痛みを生じ、つりそうになった。熱は入院3、4日前は39℃が持続し、2日前に38℃まで下がったが、入院当日未明に歯がガチガチ鳴る震えを生じ、39.8度まで発熱上昇有り、朝救急外来受診された。受診時、服を脱いだときに、両側大腿部に皮疹があるのに気が付い

33歳男性の発熱・筋肉痛の画像

ログインして全文を読む