左右を問わず、下腹部の痛みを訴える場合には、女牲では婦人科疾患、高齢者では憩室症なども疑う必要がある。

ログインして全文を読む