簡便で患者に侵襲を与えない超音波検査は、触診よりも客観性があリ、繰り返し何度も実施できることが利点である。超音波所見で確診に至らない場合でも、除外診断や鑑別診断に、その威力を発揮する。→→医師会員限定コンテンツです。

ログインして全文を読む