痛みの性質や部位、持続時間、経過など、現病歴の聴取は腹痛の診断に極めて重要である。疾患によっては、その特徴的な経過から、確定診断に至ることもある。腹痛の診断に当たって、経過の聴取が特に重要な疾患としては、「急性虫垂炎」「消化管穿孔」「胆石症」「急性膵炎」などが挙げられる。

ログインして全文を読む