筋肉内注射は、ある程度の高さの血中濃度を、ある程度長時間保つ目的で行われてきた。最近では、この筋注の代わりに、薬剤を時間をかけてゆっくり静脈内に投与する「持続的静注法」を行うケースが増えている。具体的には、ピギーと呼ばれる小さい点滴バックを使った点滴や、シリンジポンプを使用した静注が行われる。→ 医師会員限定コンテンツです。

ログインして全文を読む