皮下注射は、予防注射や鎮静薬など、比較的限られた薬剤で行われる。神経や血管が少なく、近くに骨がないところなら、どこでも行うことができるが、通常は上腕伸側と大腿全面に行う。注射部位を指でつまみ、素早く針を刺す。内筒を引いて血液の逆流がないことを確かめ、ゆっくりと薬液を注入する。→ 医師会員限定コンテンツです。

ログインして全文を読む