鎖骨下静脈は、解剖学的には難しい位置にあるが、カテーテルを胸壁に固定できるため安定が良く、長期にわたって中心静脈を確保する手段として優れている。穿刺の角度は、深すぎると肺を穿刺して気胸を起こす危険があるので、なるべく針を寝かせてこの線に沿って鎖骨の下をくぐらせるように刺入する。穿刺の位置が上方にずれると、動脈を穿刺する危険があるので、注意が必要である。→ 医師会員限定コンテンツです。

ログインして全文を読む