動脈内採血は、動脈内に直接注射針を刺入して血液を採取する方法である。日常診療では、血液ガス分析や血液培養に用いる動脈血を採血する目的で行う。動脈血は、動脈の拍動を触知できる部位ならばどこからでも採血が可能だが、通常は、上腕動脈あるいは鼠径部の大腿動脈から採血する。→ 医師会員限定コンテンツです。

ログインして全文を読む