内頸静脈の穿刺部位は、胸鎖乳突筋の、胸骨脚と鎖骨の間になる。内頸静脈は、首に穿刺することから、危険な方法と思われがちであるが、刺す深さが浅く合併症も少ないので、きちんと手順を踏めば安全で有用な方法である。→ 医師会員限定コンテンツです。

ログインして全文を読む