静脈内採血の手技は、静脈内注射の手技とほぼ同じである。駆血帯を巻き、採血部位を酒精綿で消毒する。注射針は、21〜23ゲージ程度のものを使用する。静脈内に針が入ると、針先の抵抗が軽くなり、同時に注射針のハブ部分に血液の逆流が見られる。逆流が見られたら、注射筒をしっかり固定して、溶血しないように、また気泡が入らないように、ゆっくりと血液を吸引する。→ 医師会員限定コンテンツです。

ログインして全文を読む