陥入爪により炎症を来し、痛みが激しい場合には、部分的な抜爪を行う。趾の局所麻酔を行い、先の尖った大きめのはさみで、十分に奥の方まで爪を切っていく。この時、爪の根元(爪母)まできちんと取りきること、そして残る方の爪を爪床から浮かせないようにはさみを入れることがポイントとなる。

ログインして全文を読む